女性が男性用を使っていいの? 男女の薄毛の違いと育毛剤の違い

ストレス社会の昨今。女性でも薄毛に悩まされる人が増えてきました。そこで育毛剤を使っている人もいるかと思いますが、ちゃんと女性用のものを使っているのでしょうか。そもそも育毛剤に男女の違いがあるのかと思う人もいるかと思いますので、男女の育毛剤の違いについて見ていきましょう。

男性と女性とでは薄毛になるメカニズムが違う

まずは男女が、それぞれどんな理由で薄毛になるのかを、簡単に説明していきます。男性の場合、多くの人が男性型脱毛症と呼ばれる薄毛になります。その原因は男性ホルモン。男性ホルモンは体毛を濃くしてくれる効果もあるのですが、このホルモンは皮脂の分泌を増やすホルモンに変化してしまいます。

増えた皮脂が毛穴をふさいで毛髪の成長を妨げるのです。また、頭皮の血行が悪くなることも要因となります。ですから、男性用の場合には男性ホルモンを抑制し、血行を良くする成分が含まれています。対して女性の場合、薄毛の原因はホルモンバランスの乱れです。

昔から女性が薄毛に悩まされることが少なかったのは、女性ホルモンが髪の寿命を延ばしてくれていたからです。ですが、ホルモンが乱れたり、歳を重ねたりすることで女性ホルモンの分泌が少なくなると、薄毛になりやすくなるようです。それから、女性の場合は頭皮の血行ではなく、頭皮に栄養が足りなくなるからという理由も多くありますので、女性用の育毛剤の場合、栄養補給を目的とした成分と女性ホルモンの代わりになる成分が多く含まれています。

女性が男性用を使っていいの? 男女の薄毛の違いと育毛剤の違い

女性の場合妊娠・出産時にも抜け毛や薄毛に悩まされることがありますよね。妊娠中に増えた女性ホルモンが、出産後に元に戻るのですが、その時の減少が急であるために抜け毛になってしまうのだそうです。ホルモンバランスの乱れの1つではありますが、徐々に改善されていきますので、ひどすぎる場合やなかなか戻らない場合を除いては心配しなくて大丈夫でしょう。

女性が男性用育毛剤を使ったら

男女の薄毛の違いと、それが理由の育毛剤の成分の違いは分かってもらえたと思います。それはそれとして、女性が男性用の育毛剤を使っていいのか悪いのかという話になります。まず、基本的に主な原因が違いますから、あまり効果が出ないという問題があります。

ただし、効果的に重なる部分もありますから、全く意味がないということもないのは確かです。しかし、男性用の育毛剤を女性が使うのはお勧めしません。女性は男性よりも肌が敏感だということはイメージで分かってもらえると思いますが、男性用の育毛剤は女性用のものと比べて、刺激が強いのです。

そのため炎症やかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。また、男性ホルモンを抑制する働きに関しても、女性とはいえ全く男性ホルモンがないわけではなく、少ないですが持っていますので、ホルモンバランスを崩してしまう原因になる可能性があります。

ただし、こういった副作用が出ないのであれば、使ってはいけないということはないです。

引用:ミノキシジルタブレットを購入する http://www.idrugmart.asia/kaizen/noxidil10.html

効果を期待するならあったものを

効果を期待するならあったものを

なぜ女性用と男性用に分かれているのかを考えると、女性は女性用を使った方がいいという結論に達するのではないでしょうか。男性用を使って副作用が出なかったからと言って、効果が表れるかというのとはまた別の話です。育毛剤の基本は自分の症状に合ったものを使うことですから、自分の性別に合ったものを選んだ方が高い効果が表れて、最終的に無駄もなく済むのではないでしょうか。

この成分はどんな効果があるの? 女性用育毛剤を選ぶポイント

PAGE TOP